-I'm still here-

一次創作のファンタジー物語と日常を気分で書き連ねる、サイト兼ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

上野でファンタジーしてきた 

 

どうもこちらで日記を書くのは久しぶりになります、気分屋さんこと天野かいらです。


現実では色んなことが巻き起こっているのは相変わらずですが、異動してからというもの、自分でも驚くほど異動前よりも疲労感を覚えなくなりました。やっぱり現場から完全に離れる休憩はとてもだいじ。めっちゃだいじ。これから社会人になる人間の子たちよ、覚えとき。現場が完全に見えない場所で休憩とるんだよいいね?550歳越えた魔法使いババァとの約束だよ。

さてそんなんで疲れたり疲れなかったりそこはかとなく以前よりは順当に充実した日々を過ごしているような気がします。環境が変わったからそう思い込んでるだけかもしれませんが~w


話を本題へ。
今日親と上野へ行ってきたわけですが、用事の帰りに立ち寄った国際子ども図書館が吐けるくらい西洋ファンタジー溢れる建物だったのでご紹介したいと思います!(受付の方に撮影範囲と許可は確認取ってます

まず外観!なにはともあれ外観! ご覧あれ!!!
20170420_113800.jpg

なにそのエンブレムみたいな装飾! なにこのあふれ出るモデル感! 最高か!!(自分でもちょっと何言ってるか分かんない

20170420_113834.jpg

魔法学校系かファンタジー界の軍学校の外観とかですごくありそう。由緒正しき系にありそう。すごくたぎる。これで子ども図書館っていうんだからうらやましすぎる。いや誰でも入れるからめっちゃ嬉しさ極まる。

この時点でわっほいしながら入館。受付のお姉さま方に会釈して進むと美しすぎる階段が。
20170420_122537.jpg

20170420_122514.jpg

もう感動しすぎてどこかにこの建物登場させたい衝動に駆られるレベル。
2枚目の天井付近でちらりと見えているシンプルなシャンデリアは明治時代から現役らしく、この頃からシンプルイズベストというトレンドをおさえていたのかと思うと素晴らしいですね…。
シャンデリアを吊り下げる天井の模様も、漆喰彫刻で職人さんの手で丁寧に作られたものとか……ひえぇぇ(ふるえる

とりあえず上まで上がっていく。
20170420_122634.jpg

いやぁ…今だからガラスでカバーされてるけど、当時はガラスとかなくそのままの状態だったってことですよね…。めっちゃおしゃれ…めっちゃおしゃれ……どうしようめっちゃおしゃれ…(大事なことなのでry

現代用としてつけられたであろうガラスや真新しげな手すりや、点字ブロックなどをとっぱらって想像していくと、すごく質素でおごそかで静かなのに、溢れ出すお洒落感と華やかさ…なんなんだろうもうとにかく興奮。

20170420_122825.jpg

扉ひとつとってもこれですからね。このスケール。この厳かさ。そしてお洒落さ。ため息出ちゃう…。
ちなみにこれ押すタイプのドアで取っ手がありません。かつこの扉はこちら側に押されて開いてくる方のようで、取っ手のあるはずの部分にはひらがなで「しめきり」という金属板(現代のものではなく当時のだと思われ)がついていてちょっとお茶目な感じが…かわいすぎか無理尊い……(落ち着いて

書籍のある場所はご遠慮下さいと案内されたので、己の目と記憶にしっかりと焼きつけて帰ってきました。

1Fにカフェテリアもあって、お腹すいたらそこで食べて再び調べ物や読書に熱中できるという本好き・調べもの好き・図書館好きにはとてもありがたくて泣きたくなる程の贅沢。しかも安かったよ。カツカレー560円くらいだったと思う。

子ども図書館とうたっているので児童書やよみきかせコーナーとかもありましたが、調べものの部屋とかは普通に建築とか医療とか機械・物理・科学とかの、私たち500歳世代がいてもなんらおかしくない書籍もたんまり蔵書されていて、あの近くに住んでたら休日の度に入り浸りたいと割と本気で思いました。

あとはこの写真ぱしゃぱしゃやった建物の奥に建て増ししてる現代感あふれる建物もあり、そちらでは児童書研究資料館という魅惑のブースもあり、めっちゃ入りたかった。。

しかし入るのはタダでもいいのだが立ち読みでも資料に手を伸ばすつもりなら会員カードのようなものを作ってくださいという案内が出ていて、ちょろっと立ち寄った冒険者(Lv1)は入口でタオルを噛んで退散してくるしかありませんでした…。
何かの機会で気軽に来れるような状態になったら作りたいかもしれない……。

美術館や芸大や動物園がひしめきあってるという認識はあったのですが、まさかこんな雰囲気の素晴らしい図書館があるとは思いませんでした。図書館?とは??ってなりかけた。こんなところに通える子どもがうらやましいぜ……。

上野駅からは少し歩きますが、興味のある方は上野に行く際ちょっと場所を調べて足を運んで西洋館ファンタジーに思いはせてみてはいかがでしょうか……!(図書館という目的はどこへ


それでは今日はこの辺で~^^ノシ

category: 日常

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。