-I'm still here-

一次創作のファンタジー物語と日常を気分で書き連ねる、サイト兼ブログ

様々な世界を見せてくれる場所 

 

こんばんは、気分屋さんこと天野かいらです。仕事が大荒れの予感で戦慄しております。杞憂で終わればいいのですが、、
日々思考が社会腐れしていくのは嫌ですね……orz


さてそんな日々の中で最近またふらっと思い出したかのように夢が鮮明な日があります。
回数を追うごとに現実と夢の鮮明さに差がなくなっていき、同時に現実と夢の行き来が成り立つようになってきました。
そろそろ向こうの世界で長期間過ごす…なーんてこともあるのやもとか思っちゃいますね。

大学あたりから、見る夢の世界で時々ロケーションが同じときがあります。
別の場所から始まるんですが、ある程度のところまで…現実でいえば1回目は家から始まって、2回目は学校から始まったけど、駅に来た段階で「あ、ここ前に来た場所だ」となるような、そんな感じが夢の中で起こるようになりました。

そういったロケーションがいくつか出てき始めて、その次には現実味。
これは一度高校と大学時代にも体験していることなんですが、現実で生活している以上に現実的な感覚が起きた直後から半日くらいまで残っているというものです。
高校の時は、絵本を読み聞かせている最中に起きたら手に本を持っていた感触が残っていてさっきまで持っていたと似たようなものが近くにないかと思った程。
大学の時は、真正面から走ってきたフードの人にへそ横を刺されたのが分からなくて(通り魔)、その人が下がって自分のお腹を見てナイフが刺さってるのを認識した瞬間からふわっと全身の力が抜けて立ち上がれなくなって、なんともいえない鈍痛がお腹から頭、全身をかけめぐってどうすればいいどうすればいいんだろうってなってたところで起きて、刺された場所に感覚が残っていて、慌てて布団をひっぺがし服をまくりあげて自分のお腹を確認したレベル。

そしてつい先日は、とうとう夢と現実の行き来が。感覚も当然夢のものをそのままもってきているような感じ。
追手が背後のドア外で喚いている中、簡単ではあるもののロジックチックな鍵を外さなきゃいけなくて、頭が真っ白になって計算ができなくなってしまっていたところでぱっと現実に逃げてきて、ここなら時間制限もないと気持ちを落ち着けつつまだ緊張のとけない頭で、緊張から冷えきった手を使って計算をして、答えが出た瞬間に夢へ戻り答えを鍵に入力して無事脱出することができました、という……。

かぶっていた布団自体はぬくぬくだったので寒くて起きたわけではなかったんですが、とても不思議なものです……。

なんだろう、夢を夢と認識できている場合ってなんだか悟ってる感じの捉え方になるとかたまに聞きますが、全然…なんというか…夢だというのは分かってるんだけど必死というか、いやそういうこと言ってる場合じゃないからみたいな感じで向こうでも全力で行動してます。

どっちが本筋なのか分からなくなってきそうです^^;
正直言うと向こうが本筋の方が色んな世界にも行けるし、向こうでの必死感ってここで生きているよりも俄然生きてるっていう感じがするというか……。

すごく不思議。
こちらであれこれ嫌なことやらうんざりすることがあっても、向こうではそれも込みでここよりも全力な感じ。
条件は変わらないはずなんですけどね。天野の場合こちらが何をどう思っても夢の展開を自由に変えられるようなことがないので。。

……現実と夢以上に創作にもつながってますよね、展開を変えられないくだりは…キャラに怒られるし…(作者の威厳とは

げふん。

まあ、最近見る夢は昔からそんなに変わらずダイナミックで出来事が次から次で必死で現実味がある世界で充実しています。
「そんな具体性のある夢見てると疲れない?」って言われますが、夢の記憶すっ飛ばしてあっという間に起きた日の方が割増しで疲れます。直前まで夢を見ていて覚えて起きてくる方が全然マシ。

天野が普通じゃないのは今に始まったことじゃないのでいいのですが、夢に関しては自分でもまだ不思議で追い付けてない部分が多いです。
夢診断もあてにならないのが更に不思議で、恋愛ごとに何もアクションがない時期に見た内容を調べてみたら「大切なパートナーとの間に大きな変化が起こる予兆」とか出てきたりすると「そもそもパートナーいねえwwww」ってパターンも多々。

皆さんは1本のドラマや映画のような長さでしっかりした内容の夢を見たりすることありますか?
天野が夢を覚えている時は大体それです。その長さを1日で稀に2,3思い出したりもします。

天野が物語を書きはじめたのは夢の覚え書きからでした。
夢の出来事や夢の世界についてはなんだかんだとても思い入れというか、自分を成り立たせるためのひとつの欠かせない要素だと思っているところがあるのかもしれません。
不思議さもひっくるめてこれからも向こうの世界を大切にしていこうと思います。


今日はこの辺で失礼します。それでは~^^ノシ

category: 日常

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top