-I'm still here-

一次創作のファンタジー物語と日常を気分で書き連ねる、サイト兼ブログ

万人受けなど無理な話なのにねぇ 

 

広告を出してしまいました、更新が遅くてすみません。気分屋さんこと天野かいらです。


なんだか仕事であれこれ起こるものですね……。
今回はなんというか、まあ一番最新の話題だけにしましょう。他は内部も絡んでいたりするのでここで書くのは危なすぎる気がする。

とはいえ自分の中ではもう結論の出た話なんですけどねw
考えてみれば今ぶつかる壁でもなかったような気がします。

お客さんとの相性というか、そんな感じの壁。

正直天野はむやみやたらと強く押すだけの施術は嫌いなんです。自分がされるのが嫌なのが多分主なんだと思いますけど、力でものを言っているような気が…こう、なんだろう…痛いことをすればその代償に治るみたいな?なんの根拠もない気合論みたいなのが嫌で。。

だから押しの強さは弱め~気持ち少し強めくらいにして、他のところでは特別何も思わなかったけど部位部位によっては痛く感じるそれなにどこどゆこと???っていう現象を大切にしていきたい派。

全体を痛くしてしまっては肝心の一番やられてるところが分からない。だからその一番痛いところが自分でも施術者でも分かるようなやり方をしたいんです。

でも今まで色んなところで色んな施術を受けて、特に痛さをウリにするところや人にやってもらった経験の多い人はそりゃあ痛くないと効いてないという価値観が出来上がってるわけで。

だからもっと強くもっと強くまだ全然平気ということを言ってこられる方もいるわけです。

そこにブッキングしてくる己の体重減少。全体重をかけても限度があるし、そもそもその体重を指先ひとつで支えようとしたら手を壊すわけで。いやもう構わず肘でやってますけども。。

それでもやっぱり体重に限界があるからかけれる圧にも限界がある感じがして、自分の出来ることの限界を感じまして。

頑張って体重をいかにうまく使って最大限に圧を入れられるかみたいな施術になるお客さんもいて、それを必死でやって終わって「うーん、微妙だね」「握力がないよ握力が」とか言われると悔しいというかなんというかでまあズタボロになったわけです。

でもってライフもクソもなくなって帰る直前に、店長から言われた一言。

「天野さんの施術を気に入ってくれてる人もいるんだから、ひとりに何か言われたからって自信なくさないでね」

なんか…気付かされました。

一次創作だって、文章のはこびやら表現の仕方・行間の入れ方や句読点の使い方、絵もジャンルやタッチなど色んなところに好みがあって、大好きな人もいれば大嫌いな人もいる。

同じ話題があることをやっていながら、真に受けてライフゼロになってる自分に失笑しちゃいました。

今までの巡り会いがよすぎるんです。みんな優しいんです。とても感謝してます。

お世辞でも出会う人出会う人が天野の創作カミングアウトやサイト紹介しても引く様子を見せず、きいてくれて。

でも思えば全力拒否されてる人だっているわけです。ネットなんかは顔が見えないからなおさら、思ったことをばんばん遠慮なしに言える。
でもそれすらあまりなくて、誰かに「それは私の好みではない。あんたがやってることは納得いかない」みたいな反応を直にされたことがなかった。

良い経験をしました。

▼天野は経験値を10400獲得した!

数値がどんだけか基準が分からないので適当ですが、自信というか……今後あんまり気に入らないという言葉をもらってもそこまで100%ダメージにはしないようにできそうな気がします。


万人受けなんて無理な話ですよね。これはどんな世界でも共通の話だと思います。

曲を作ればお前の曲は何が足りないって文句付けてくる人はいるだろうし、
文章を書けば文法がなってないとか云々言われるし、
絵を描けば人体からやりなおせとかなんとか言われるんだろうし、
マッサージをしていればお前本当に資格持ってんのかなんていつでも言われる話だったわけです。

資格を使って働きはじめて、最初の方でこういう経験ができたことは恵まれてる…かもしれないw

なんか微妙だけどこの子にかわいそうだから言わんとこ……みたいなお客さんも確実にいるであろうなかで、遠慮なく「お前の施術は微妙だ」とか言ってくれる人がいるのは視点を変えれば有り難いことですよね。


やっぱりどこにいっても学習は終わりませんね。興味深いかぎりです。

そんな感じでメンタルも体力もがりがりに削りながら、明日からもあんまりすべてを真に受けないように程々に力を抜きながら頑張ろうと思います。

そういえば、先日学童のスタッフから連絡がきて、「学童の子が「かいらーせんせーに会いたいなー」って言ってましたよ」って教えてもらいました。
メンタルも体力もとっくにゼロを突き抜けてた天野には最高に泣ける連絡でした。そんなことを言ってくれる子がひとりでもいてくれている天野は十二分に幸せ者だと思います。
はぁーーー、打ってても泣くねこれは。涙で画面がぼやけてるぜ……!


…こんな調子で明日からの1週間涙なしで乗り切れるかしら…心配だなあ…^^;(あくまで他人事
それでは今日はこの辺で~^^ノシ


category: 日常

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top