-I'm still here-

一次創作のファンタジー物語と日常を気分で書き連ねる、サイト兼ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

アピールはバランスを間違えると命取りとなる 

 

どうもこんばんは、気分屋さんこと天野かいらです。
先に行っておきます。深夜帯なので話がディープだよ。


土日で同期がひとり暮らしをしているところに泊まりにいったのですが、そこで些細なことだけど多分とてもだいじなポイントに気付かせてもらった、小さな出来事があったので綴っておこうかと。

「地元に住んでいると分からない」みたいなことってありますよね。
まさか、それで接客態度の違いにショックを受けるとは思ってもみませんでした。

こう、なんだろう、人間嫌いが料理の腕前とその味の評判だけで店を続けている、みたいな場所に巡り会いましてね。
確かに出てきた料理はそれなりにおいしかったんですが、いくら小さいお店とはいえ接客態度があまりにも雑というか、人間嫌いが表に出てて、味に影響しそうなレベルだったんです。

そんなお店を立て続けに2軒見て、思いました。

最終的な評価って人柄なんだな、と。

お店は外観も内装もお洒落。音楽も店の雰囲気に合ってて良い。料理もおいしい。しかし店を切り盛りしてるたったひとりのオーナーの接客態度が最悪。
結果、自分の中でのお店の評価は、「おいしかったけどもう一度行きたいとは思わない」。

この思考を第三者的に考察して、いかに「人」が重要か、というところに考えさせられたわけです。
自分はだいぶ感覚派な人間だからまだまだ個人差はありそうですが、こういう人間は自分だけではないかもしれない。

そこでちょっと飛躍して考えたのが、どんだけ名誉ある賞や資格、雑誌などでの取り上げがあって腕が立ってても、結局人柄で全て台無しになることがある、というもの。

言い方を変えれば、賞や資格、雑誌での評価などにのさばったりふんぞり返って「自分は他と違う」というオーラを出しまくっていたら、人は寄ってくるどころか離れていくばかりだっていうこと。

国家資格をなんとか奪取できたことに対しても、天野は元より何も偉くないしド素人となにひとつ変わらないと思っています。

そりゃあ専門学校に入って実技も医学も勉強しました。でも、それだけです。
治療院でその知識を基に現場経験を積んでいた人ならともかく、天野の場合はバイトも専門学校で学ぶジャンルとはまったく関係のない分野でのバイトしかしてなかったし、こういう分類の人にとっては、資格合格なんてただの字面での変化でしかないと思っています。

普通に考えてもそうですよね。医師免許を取得した人がその日から神の手になれるわけじゃないし、弁護士の資格を取った人がその日から必ず救ってくれる天秤のプロになったわけじゃない。

そこからいくつもの成功や挫折、葛藤にぶち当たって、それでも残った人のうちの更にその先まで越えた人がそういう存在になる。
そしてそういう存在の方々って、大体人柄がいいですよね。

技術+知識+人柄。

偉大な存在が威張ったり、上からものを言うような態度だったり、俺がやってやってんだろ感謝しろみたいな態度や雰囲気を持っているなんて光景、日本ではあまり見ない気がします。
そう考えると、天野の感じ方はあながち極論ではないと思うんです。

このみっつの要素、どれかひとつでもバランスが上下すると台無しへ崩れていくと思います。

・技術も知識も超一流+人嫌い・見下す態度など人柄に難あり=行ったら良くなるけど行くまでの踏ん切りがつかない
・技術があって人柄もいい+知識面に首をかしげる場面がある=人によっては信頼度が低くなる
・技術は素晴らしい+知識面や話などではぐらかされたりスルーされたり微妙な空気になる=リピートの間隔が開く

・症状に対する知識は素晴らしいし人柄もいい+技術が極端=話すのはいいけど施術を考えるとリピートの間隔は開く
・知識はある+技術と人柄に難あり=知識を披露するだけしてる感で人によっては毛嫌いされる

・人柄はいい+技術と知識が不安になる場面がある=本当に資格持ちか疑う

正直、今の天野は一番最後の枠だと思ってます。
資格は取ったものの、現場経験はない(技術の低さ)し知識だって試験用のテンプレートしかなく応用が効かない。

なんとか全ての要素をバランス良く伸ばしていきたいです。

資格保有者という字面や響きに寝そべってデカい態度はしたくないものです。

資格取ったんだからそこんじょらの資格なしで人の身体触ってる奴らとは違う?
何が違うんだ。勉強してただけで誰の身体も施術したことがないメガネと、幾人もの身体を施術して実際の身体のコリやらを知ってる人、どっちの方がプロだよ。
天野は後者のがプロだと思う。

なんの不満になってるのかベクトルが迷子になってきていますが、身内や友人や同期の言う「資格持ちなんだから」という単語になんとも複雑な思いを抱えています。
苦労した分他とは違うんだから胸張っていいとか、そんなのエゴじゃないですか……。


堂々とはしていきたいけど根本的には謙虚に、真摯に生きていこう。そう思った土日でした。
それでは今日はこの辺で~^^ノシ

category: 日常

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。